Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us
製造業

科夫可環保科技(上海) – 排水トラップの導入を提案 排水管からの汚染空気をカット


[ 2012-02-28 ]

コンドーERP工業の現地法人、科夫可環保科技(上海)(TEL=021-6879-6697、URL= www.kondoh-frp.co.jp)が、空調機器や電気温水器の排水管から室内への空気の流れをカットする「排水トラップ」を訴求している。同製品は下水道からの害虫や臭気の侵入を防ぐ効果があり、中国の環境意識の高まりを追い風に、工場、オフィス、一般家庭向けに拡販していく考えだ。同社董事・総経理の近藤太郎氏に同製品の導入メリットなどについて聞いた。

―コンドーFRP工業は、排水トラップのリーディングカンパニーとして成長してきた。

「厨房の排水処理システムなどを製販するコンドーFRP工業は、日本で30年以上にわたり、空調機器の排水管から室内への空気の流れをカットする排水トラップを販売してきた。当社の排水トラップは、メンテナンスも容易な『フロートボール式』で、排水がない時期にもポリカーボネイト製のボールで逆流を防止し、通年で良好な室内環境を保つことができる。中国では近年、環境規制が強化され、環境に対する意識が大きく向上しており、拡販に力を入れていきたいと考えている」

―主力製品である「快適弁(日本名:Cトラップ)」を前面に押し出している。

「通常、個別空調用の小型空調機には、ドレン排水用の配管からの空気の逆流を防止する措置が取られていない。当社が販促する『快適弁(Cトラップ)』は、空調機1台ずつに取り付けることによって空気の逆流を防止し、空気汚染を防止することができる。空調機のほか、冷蔵庫の排水や電気温水器の膨張水排水等のトラップなど、様々な用途にご使用いただける。日本では精密機械などを製造する工場や、病院、国会議事堂といった公共施設にも導入され、居室の空気汚染を防ぐ機器として高く評価されている。また、2010年に開催された上海万博の日本館にも納入した実績を持つ」

―「快適弁(Cトラップ)」は他の排水トラップと比べ、どのような強みがあるのか。

「故障の心配がない構造であることが最大の利点だ。また、耐衝撃性と耐久性が非常に高く、人が踏んでも壊れず、経年劣化によるひび割れで水漏れを起こす心配もない。また、あらゆる場所で設置が可能であることも、他のトラップとは違う特徴といえる。さらに、配管の勾配ロスの少ない水平取付型であることから、船舶の空調排水トラップや、電気温水器の排水トラップとしての納入実績も急速に増えている」

―メンテナンスが簡単に行えることも「快適弁(Cトラップ)」のセールスポイントだ。

「軽い透明ボディの『快適弁(Cトラップ)』は、汚れが目視でき、内部部品を取り外すことができるので点検・メンテナンスも簡単。このため、オフィスや家庭でお使いいただけることも好評を得ている」

―空調機以外の様々な領域に用途を広げていく。

「空調機用に開発した『快適弁(Cトラップ)』を、冷蔵庫排水や電気温水器用に使用していることをお客様から教えていただいた。これは、丈夫で高性能な製品を妥協せずに作ったからこそである。この事例のように当社が知らない新しい用途がまだまだあるはずで、今後は例えばホテルの洗面排水の臭気対策としての使用など、あらゆる可能性を探っていきたい」

「快適弁(Cトラップ)」



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス