Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us
HR・人材

RGF HR Agent – 日系企業と中国大学生をマッチング 日本本社採用での幹部候補育成を支援


[ 2010-11-23 ]

リクルートの現地法人、RGF HR Agen(t 上海艾傑飛人力資源)が11月3―4日、中国有名大学学生と日系企業の合同説明会・面接会「啓程日本/Work in Japan」を上海環球金融中心で開催した。中国人学生を幹部候補として日本本社で新卒採用したい日系企業と、中国有名大学の中国人学生のマッチングにより、グローバル人材の育成を本格化する日系企業を支援していく。今回の合同説明会・面接会では、中国有名39 大学1万人の応募から厳選された500人の学生が参加。日系企業は、金融、コンサル、食品、メーカーなど幅広い業種の22社が集まった。企業説明会のほか、面接会を行い、100 名の内定を目指した。今回は上海のほか、北京でも同様のイベントが開催された。

中国では大学卒業生の数が年々増加する半面、活躍の機会が乏しい就職難となっている。一方、日系企業は欧米企業と比べ、中国人学生をグローバル人材として採用する取り組みにおいて遅れをとってきた背景がある。同社総経理の舘康人氏は、今回のマッチングを「グローバル人材の発掘に本腰を入れ始めた日系企業と、中国大学生の就職難を解決したい有名大学の両方にメリットのある取り組み」と説明する。

一方で、優秀な中国学生人材は、日系企業以外の欧米、韓国系企業への就職を希望する傾向も強いという。こうした中、今回の合同面接会で、他国の競合企業との違いとして打ち出したのが本社採用だ。新卒の学生を初めから日本本社で採用するという画期的な方針により魅力付けを図ることで、海外での就職を希望する優秀な中国人学生を引き付けていく戦略だ。舘氏は、「本社採用により、中国人学生を日本で育成し、将来的に中国現地法人に就任させるという従来の図式に留まらず、中国以外の他のアジア諸国の現地法人の幹部として育てていくこともできる。今回の合同面接会は、アジアを点ではなく、面で捉えた人材流動に対応できる人材育成の第一歩の活動となる」と説明した。



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス