Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

General NEWS 記事一覧


人民元のSDR入り – 国際化への一プロセス、課題と展望は [ 2016-01-27 ]

IMF(国際通貨基金)は2015年12月1日、中国人民元を16年10月1日付でSDR(特別引出権)構成通貨に採用することを正式決定した、と発表した。IMFのクリスティーヌ・ラガルド総裁は第一財経日報の取材に対し、「中国政府はこれがゴールではなく一過程でしかないことを、よく理解している」とコメントしたが、いずれにせよ人民元は国際舞台で新たなスタート地点に立ったことになる。   外貨準備高シ…


不動産価格、16年は下落に転じるか – 社科院が異例の警鐘 [ 2016-01-27 ]

中国社会科学院・財経戦略研究院、ならびに同院・都市と競争力研究センターが12月3日に発表した不動産市況に関する最新レポート、「中国住房発展報告2015~2016」によると、16年の不動産価格はいったん急伸を見せた後、第2四半期後には下落に転じる可能性があるという。ただし、分譲住宅への投資には緩やかな回復が見られる見込みで、経済成長への寄与が期待できるとした。 レポートでは、16年の不動産市況は底堅…


預金保険条例、5月1日施行 支払い限度額50万元 中国人民銀行・周行長に訊く [ 2015-06-09 ]

中国初の預金保険制度となる「預金保険条例」が5月1日、施行される。全ての預金取り扱い銀行を対象としており、ファンド形式で保険金を積み立てる。保険金の支払い限度額は50万元。第一財経日報は中国人民銀行の周小川行長にインタビューした。 ──預金保険制度を設けた背景は。 「1990年代、銀行業界にも競争原理を導入すべきか否かの議論の中で、預金保険制度の研究も始まった。今では銀行業にも競争原理が導入されて…


滴答併車 タクシー乗り合いアプリ業 Cラウンド融資1億ドル調達 [ 2015-06-09 ]

タクシーの乗り合い希望者同士を仲介するモバイル・アプリの開発業者・滴答併車はこのほど、シリーズCラウンドの融資で1億米ドルを調達した。 同社の宋中傑CEOが明らかにした。崇徳投資が最初の出資者となり、摯信資本、易車網、IDGなどが続いた。同社によると、乗り合いタクシー関連ビジネスにおけるCラウンド資金調達額としては過去最高という。 同社はかつて、IDGから1000万ドルのAラウンド融資を、易車網か…


中国南車・北車合併 大手国営企業に合併ブームか [ 2015-06-09 ]

大手国営鉄道車両メーカーの中国南車と中国北車は4月28日、中国証券監督管理委員会から合併の承認を得た、と発表した。市場では、大手国営企業の合併ブームへの期待も広まっているが、独占防止の観点から疑問視する声もある。 南車株価、1年で6倍に 南車と北車のA株は5月7日に取引停止となり、株式交換完了後に「中国中車」の略称で再発行される。合併による取引停止の直前に投資家たちが株を売り抜ける行動はしばしば見…


現代版シルクロード CICC、5大“有望産業”語る [ 2015-04-08 ]

投資銀行の中国国際金融(CICC)は、中国政府が進める現代版シルクロード「一帯一路」構築プロジェクトが、5大産業に成長のチャンスをもたらす、と指摘する。運輸産業、インフラ産業、機械産業、素材産業、文化・生活用品産業などだ。   対ASEAN投資93%増など 一帯一路プロジェクトは、中央アジアを抜ける旧シルクロードと、東南アジアから南回りで欧州まで達する海上交易路・旧「海の道」をベースに、…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス