中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

中国ビジネスニュース 記事一覧


高速鉄道沿線都市開発の光と影「ゴーストタウン」化の懸念強まる [ 2014-10-13 ]

高速鉄道の開通によって、沿線に次々と新しい都市が建設されている。これらの都市には、経済の牽引に大きな期待が寄せられている一方で、都市の知名度の向上が望まれながらもゴーストタウン化してしまうリスクがあるとする声もある。国家発展改革委員会国土開発・地区経済研究所の肖金成所長は、中小の都市にとっては高速鉄道駅の利用者数に限りがあり、大都市間を移動する乗客が通過都市にとどまることはないため、高速鉄道による…


貴陽市“お酒のオリンピック”2015年に中国初開催 [ 2014-10-13 ]

中国の蒸留酒「白酒」の需要が低迷していることを受け、貴陽市の高衛東副市長は9日、世界3大酒類祭典のひとつ、ブリュッセル国際スピリッツ・コンペティションを、2015年に中国で初開催する、と発表した。海外市場開拓の促進に結びつけることが狙い。ブリュッセル国際ワイン&スピリッツ・コンペティション、パリ農作物コンクール、ロンドン国際ワイン&スピリッツ大会の3大会のうち、同コンペティションは…


OTA戦争携程が去哪儿を公式批判ホテル順位を恣意に操作か [ 2014-10-13 ]

携程(Ctrip)はこのほど、競合会社である去哪儿が大量の“架空の”代理店をつくるなどして不公平なホテルの順位付けをしていたとして公式に批判、自社のホテル商品を去哪儿から取り下げた。携程によれば、去哪儿の予約サイトでは、“架空の”代理店を用いて自社が契約したホテルを上位にランクさせ、自社の顧客ホットラインである10101234を表示させる一方、正式な代理店のホテルは上位に入らない。そのため、検索プ…


万科広州 不動産金融商品を発売販売促進と資金調達をねらい [ 2014-10-13 ]

大手不動産会社の万科広州公司がこのほど、IT大手の騰訊控股(テンセント)と提携し、不動産金融商品「万科理財通」を打ち出した。自社物件の購入予定者の手付金を財テク商品として運用するサービスで、広州不動産市場が冷え込む中、販売促進と資金調達を容易にするねらいがある。利用者にとっては、購入予定を取り消した場合でも財テク投資の利益を得ることができるほか、オンラインでキャンセルできることから煩雑な払い戻しの…


ホテル欧州ブランドのフェレッテ中国でテーマホテル市場の開拓へ [ 2014-10-13 ]

8月24日に行われた“第7回世界ホテルフォーラム”で、欧州フェレッティホテル&リゾートインターナショナルグループ(以下フェレッティ)が中国市場に進出することを明らかにした。世界ホテル連盟と「全面契約協議」を結び、北京、四川、雲南、貴州、湖南、山東にホテル事業を展開する。その後、中国のテーマホテル市場の開拓に着手し、中国におけるホテルを資産とした資本化を視野に入れる。フェレッティ執行董事兼グ…


大気汚染解決に向けて光明中央企業による汚染物排出が減少 [ 2014-10-13 ]

環境保護部が8月末に発表した「2013年度全国主要汚染物総量排出削減調査公告」によると、同部が汚染物削減調査を直接行った中国石油や中国石化、華能、大唐、国電、神華、中電投はいずれも汚染物排出が増加していないことが明らかになった。そのうち華能、大唐、国電、神華の窒素酸化物排出量が12年に比べて10%以上減少したのに対し、11年と12年に排出削減の基準をクリアできなかった中国石油や中国石化は、13年の…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス