中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

中国ビジネスニュース 記事一覧


人工知能 – Siriや無人操縦…その先にあるものは [ 2017-01-07 ]

現代人にとって人工知能(AI=Artificial Intelligence)はまだなじみが薄いが、アップルの携帯端末に搭載されている秘書機能アプリSiriや、今話題の無人操縦などもその一種だ。公開資料によると人工知能の2015年の世界市場規模は74億5000万ドルで、2020年までに183億ドルに達すると予測されている。   供給側改革に貢献 Googleが開発したコンピュータ囲碁プロ…


山峡集団, 米企業のブラジル発電事業を12億ドルで買収へ [ 2017-01-07 ]

米国の大手電力会社デューク・エナジーは、参加企業のブラジルの水力発電会社を、長江三峡集団に売却することで合意した。売却額は12億ドル。2~4カ月以内に取引は完成する計画だ。既にブラジルの国家電力エネルギー管理局と独占禁止局、中国の関係当局の承認は取得済み。   デュークは国内事業に集約 デューク・エナジーは米国における電力および天然ガスの大手供給業者で、5つの州の400万戸に電力を供給し…


グリーン産業 – “発展空間”大きいファイナンス市場 [ 2017-01-07 ]

グリーン開発が国家戦略として重要視されるのに伴い、グリーンファイナンスの飛躍的な成長が有望視されている。中国金融学会グリーンファイナンス専業委員会、国際連合環境計画(UNEP)、 国際資本市場協会(ICMA)、興業銀行等の機関が9月6日に主催したグリーンファイナンス・シンポジウムで興業銀行の陶以平頭取が語った。 陶以平頭取は、グリーン化事業の発展が政府や監督機関、そして社会にとって重要になっており…


インテリジェント・ハードウェア産業, 2018年の市場規模は5000億に [ 2017-01-07 ]

中国政府工業信息化部と国家発展改革委員会はこのほど「インテリジェント・ハードウェア産業イノベーション発展の特別行動(2016-2018年)」を発布した。 インテリジェント・ハードウェアとは、情報収集・処理と接続機能を有し、インテリセンス、インタラクティブ、ビックデータサービス等の機能を備えたインターネットの端末デバイス製品である。中国が推し進める「互聯網+(インターネットプラス)行動計画」における…


付加価値税改革 – 中小企業への影響は/税項目、徴収管理に課題 [ 2017-01-07 ]

2016年5月1日に「営改増」(VAT、付加価値税)改革が全面的に実施され、サービスに対してかかっていた営業税が増値税に統一化された。 簡易課税が許可されるなど過渡的な政策が施されたとはいえ、それが停止されれば、中小企業は一般課税方法にもとづいた税額査定が必要となり、売上増値税額から仕入税額を控除したうえで増値税の納税額を算出することになる。 全体的に見ると「営改増」の実施後、企業の税負担は軽減さ…


格力の董明珠、滴滴の柳青 「世界で最も影響力ある女性ランキング」上位に [ 2017-01-07 ]

米国ビジネス誌Fortuneがこのほど同誌ウェブサイトで発表した「世界で最も影響力のある女性トップ50」に中国人経営者が多数ランキング入りした。主だったところでは、格力集団の董明珠CEOが11位、アリ・ファイナンスの彭蕾CEOが16位、滴滴出行の柳青総裁が36位に入っている。 そのほかランキングに名を連ねた中国人女性としては、竜湖集団の呉亜軍董事長(26位)、モルガン・スタンレー中国の孫瑋(31位…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス