中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

中国ビジネスニュース 記事一覧


郵政集団上海郵幣カード取引センターが開設全国でオンライン取引が可能に [ 2014-10-13 ]

切手やコイン、テレホンカードの取引をインターネット上で行う「上海郵幣カード取引センター」が9月1日、オープンした。同センターは、中国郵政集団公司傘下の上海郵政実業開発総公司と新華社傘下の北京新華金融情報取引所、投資会社の上海振瀛投資の合資で設立した全国初の国有ホールディングで、切手やコインなどの販売を扱うプラットフォームとなる。同センターでは、直物公示、直物入札取引、直物注文取引、直物委託取引の4…


地溝油大陸各地で問題食品味全の株価は暴落 [ 2014-10-13 ]

アモイ質検局は9月9日、味全や盛香珍などのブランドを中心とした大量の地溝油(廃油から作った再生食用油)食品を発見した、と発表した。台湾地区の食品会社「強冠」が地溝油製品を同地区で流通させたことに端を発するこの問題は他地域にも波及、香港・マカオ両地区で関連する問題食品の販売が停止となったほか、上海でも上海食薬監局が関連企業に食品の安全責任を履行させ、台湾食品を販売する際に合格証明を提示し、違反者には…


中華人民共和国商務部海外投資ネガティブリスト実施へ13年海外直接投資額、初の1千… [ 2014-10-13 ]

中華人民共和国商務部は、10月6日に改正海外投資管理法を施行すると発表した。改正法では、ネガティブリスト方式(原則として無規制の中、例外的に禁止する事物だけリスト化する規制方式)を初実施する。2013年の中国の海外直接投資額は1078億米ドルと史上最高額を記録、初めて1千億ドルを突破し、2年連続で世界3大投資国となった。中国企業による海外投資は70カ国・地域、424分野におよび、その中でも企業の買…


危機続出の搜房網上海の仲介業者もボイコット [ 2014-10-13 ]

中原地産、21世紀不動産、徳佑地産、我爱我家、宝原地産、信義、福美来、志遠、九間伴、永慶、三千石、品信、仁豊といった多くの不動産仲介企業で構成される上海仲介連盟は、4日から不動産サイト大手の搜房網上の全ての物件を取り下げると発表した。これより前に、捜房網は杭州、青島、深圳、東莞、河南など各地で不動産仲介企業連合のボイコットに直面している。各地の不動産仲介業者が連携してボイコットしたことで搜房網の株…


新東方教育騰訊とオンライン教育で提携「BAT」競争激化へ [ 2014-10-13 ]

教育サービス大手の北京新東方教育科技(集団)が7月31日、インターネット大手の騰訊(テンセント)と合資会社の北京微学明日網絡科技を設立したと発表した。新会社の登録資本金は3000万元、今年末にモバイル英語学習教材を発表し、騰訊のネット上と新東方の学校においてPRを行う。騰訊とともにBATと呼ばれるインターネット大手の百度とアリババもオンライン教育分野にすでに参入しており、今後、同業界でもネット3大…


阿里巴巴の「IPO効果」ヤフーCEOが多くの株を売却 [ 2014-10-13 ]

中国の電子商取引運営会社阿里巴巴の上場を目前にひかえ、阿里巴巴の第2位の大株主である米ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が、所有する米ヤフーの株を次々と現金化している。メイヤーCEOのこうした動きが自分の財政状態のためか、それともヤフーや阿里巴巴の今後を懸念してのものかと憶測を呼んでいる。ヤフーが米国証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、メイヤーCEOは最近のヤフー株売却…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス