中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

中国ビジネスニュース 記事一覧


スマート医療 – 数百億元市場、IT勢の熱視線/実現には厚い壁も [ 2017-01-07 ]

米国のITリサーチ会社IDCが発表した「中国医療業界IT需要予測 2016-2020」によると、2015年の中国の医療IT市場規模は254億元で、2020年には430億元に達する見通しだ。百度やアリババ、レノボやファーウェイなども医療IT需要を狙っている。ただしスマート医療の実現には、医療側の温度差やIT技術上の制約など課題も多い。   温州医科大とレノボの成功例 温州医科大学付属第一医…


騰訊やグーグル, AIの最新動向と未来を語る/NBAや深層学習の事例を交えて [ 2017-01-07 ]

騰訊インターネット・メディア事業グループの劉勝義総裁と、グーグルのScott Beaumontグレーター・チャイナ地区総裁、技術とビジネスのオピニオン・リーダーDon Tapscott氏といった面々が9月14日、上海でAI(人工知能)の興隆と人間的行動の発達をテーマにフォーラムを開催した。   行動分析から心理分析へ 騰訊は2015年にNBA(全米プロ・バスケットボール協会)と試合中継の…


中国企業インド市場開拓 – 効果的な宣伝方法は “街路清掃”がトップ… [ 2017-01-07 ]

中国企業がインド市場を開拓するには、どんな宣伝方法が効果的なのか? 独立系リサーチ機関艾利艾智庫(IRI、Internet Research Institute)はこのほど、インド市場の開拓に成果をあげている中国企業の傾向を分析し、「地に足の着いた企業活動」がキーポイントであると発表した。 中国企業のインド進出支援を手がける印客印度社の呉順煌CEOは、「インド人の多くはレノボやハイアールが中国企業…


上海市, 外資導入規制さらに緩和/国際貿易センター構築へ [ 2017-01-07 ]

上海市は8月18日、「第13次五カ年計画」(「以下、「計画」)を発表し、外資参入規制をさらに緩和することを明らかにした。金融、海運、文化、医療、スポーツ、介護と専門サービスなどのービス分野における開放を拡大するほか、自動車、化学工業、輸送設備といった製造業分野で外資持分比率の規制を緩和し、知能化生産、新素材、省エネ環境保護といった外資製造業プロジェクトを重点的に誘致していくとした。 2015年、上…


自動車業界, 構造が均衡を失う – 5年以内に余剰2000万台か [ 2017-01-07 ]

中国の自動車市場で、生産能力の過剰が顕在化しつつある。 一部の企業では生産能力が不足し、工場や生産ラインの新設が焦眉の急となっている。たとえば東風本田は、既存2工場の総生産能力が計48万台だが2016年は50万台の需要を見込んでおり、第3工場の建設も検討している。 しかし関係機関が発表した2020年の予測では、中国の自動車生産能力は5000万台とされている一方、業界団体や自動車メーカーは、「第13…


モンデリーズ, 中国チョコ市場に参入/3年間で1億ドル投資 [ 2017-01-07 ]

米製菓会社のモンデリーズが中国のチョコレート市場に参入し、「MILKA」ブランドを投入する。今後3年間で1億ドル超を投資する計画だ。 現在、中国のチョコレート市場は、ハーシー、マース、フェレロ、ネスレ等の大手企業がシェアを分けあっているが、モンデリーズについては、これまで橋頭堡を築いてこなかった。それゆえ、同社の参入決定を遅きに失したものとする声は大きい。 中国のチョコレート市場は頭打ち状態だ。国…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス