中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

中国ビジネスニュース 記事一覧


[一帯一路] 沿線諸国の工業化水準を分析 中国の設備製造業に商機 [ 2016-06-23 ]

中国社会科学院工業経済研究所はこのほど、一帯一路(現代版シルクロード&海の道)沿線上65カ国を経済発展段階別に分類した。工業化を達成したのは2カ国、工業化の後期段階にあるのは32カ国、中期段階は16カ国、初期段階は14カ国、前工業化段階は1カ国だった。中国の設備製造業の厚みは世界有数であり、沿線諸国の工業化において果たす役割は大きい。   沿線諸国間に大きな格差 同研究所は①1人あたりG…


上汽×アリババ、インターネット・カー披露 – Car on Inte… [ 2016-06-23 ]

中国大手自動車メーカー上海汽車とアリババは、北京モーターショー会場で、両社が共同開発中のインターネット・カーの1号車を発表した。車種はSUVで、名称は榮威(ROEWE)RX5。自主開発の動力系統を搭載し、1.5リッターと2.0リッター・ターボエンジンを備えている。ただ焦点は、“インターネット・カー”が単に“インターネット機器を搭載した車”と比べ、何が違い、どう画期的なのかということだ。  …


スマート製造への道のり – 中国ハイエンドメーカー, “Indust… [ 2016-06-23 ]

TCLグループは250億元を投じて、深圳に半導体ディスプレイパネルの工場を新設した。1人あたりの生産額は68万元に達する。李東生董事長兼CEOは、同工場はIndustry4.0の雛形であり、同社が「Industry3.5と呼ぶべき段階に到達した」と語る。 この発言は3月24日、ボアオ・アジア・フォーラムの分科会の席上で出たものだが、それ以前にも電気自動車メーカーBYDの王伝福董事長兼総裁が「BYD…


中核集団と神華集団が提携, 原子力エネルギー事業が新たなフェーズへ [ 2016-06-23 ]

原子力エネルギーの最大手である中国核工業集団と石炭エネルギー最大手の神華集団が3月22日、事業提携に関する協議を締結した。両者は、ウラニウム、石炭資源の採掘で協力し、原子力発電のプロジェクトを推し進め、先進的な原子力発電の技術開発、産業輸出や設備製造、核医療等の領域で協力していくとしている。 国家第13次5カ年計画(以下「十三五」)によると、中国は2020年に国内の原子力発電設備能力を5800万K…


OTA市場の競争が熾烈化 – シートリップとアリトリップがそれぞれホ… [ 2016-06-23 ]

OTA(Online Travel Agent)最大手のシートリップは3月24日、金茂(集団)との間で戦略パートナー契約を締結した。両社は今後、「閃住(クィックチェックイン・アウト)」のサービスで提携をしていく。 「閃住」サービスとは、宿泊者がホテルにチェックインする際のデポジット支払いやチェックアウト時の客室チェックを免除するなどしたもので、宿泊料金は宿泊客がチェックアウトした後で引き落とされる…


越境EC, 新税制が開始 – ポジティブリストも公表へ [ 2016-06-23 ]

財政部は3月24日、「越境EC」ビジネスに対する輸入税収政策を4月8日より実施すると発表した。B2Cの輸入クロスボーダー電子取引、ならびに海外ネットサイトでの商品購入に関わる税収政策がこれで整うことになる。このほか、財政部は、関係部門が定める「クロスボーダー電子商取引ポジティブリスト」も別に発表していくことを明らかにしている。 新政策では、実体経済に大きな作用をもたらす、京東、天猫国際、網易考拉と…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス