中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

中国ビジネスニュース 記事一覧


湾岸協力理事会FTA交渉 – 2月下旬にも会合/貨物貿易は事実上決着… [ 2016-03-11 ]

中国と湾岸協力理事会(GCC)とのFTA交渉が1月再開され、2月下旬にも第6回会合を開くことが決まった。1月19日の双方トップ会談後の発表によると、貨物貿易に関する協議は事実上まとまった模様。新華社通信の報道では、2016年末までには全面的なFTAが締結される見通しという。紆余曲折と停滞を繰り返してきたGCCとのFTAが、ここに来て前進し始めている。   貿易額は年40%ペースで増加 G…


中国系自動車メーカー – 業績は自主ブランドが左右/今後5年は新エネ… [ 2016-03-11 ]

上海汽車集団の2015年販売台数は前年比5%増の590万台となり、全国トップの座を維持した。販売台数第2位は東風グループで、同5.53%増の387万2500台。業績未発表のメーカーもあり、まだ最終順位は不確定ながらも、自主ブランドが強いメーカーは業績を伸ばす傾向にある。今後5年間は今まで以上に競争が激化し、特に新エネ車分野が優劣を分けることになりそうだ。   長安汽車が自主ブランドで躍進…


万達グループ – 米映画会社買収/年内にも映画部門IPOへ [ 2016-03-11 ]

万達グループは1月12日、2年間の交渉を経て米映画制作会社レジェンダリー・ピクチャーズを買収した。買収額は35億ドル弱。中国資本による外国のカルチャー産業の買収例としては、過去最大規模の額になる。万達グループの王健林董事長は同日の北京での契約調印式で、年内にも映画事業部門のIPO(新規株式公開)をおこなうと語った。   万達はレジェンダリーの株式の50%超を所有し、残りの株式はレジェンダ…


2016年の為替展望 – ドルは上げ相場、大幅な人民元安はデメリット… [ 2016-03-11 ]

米連邦準備制度理事会(FRB)が15年12月17日、金利を25ベーシスポイント引き上げた。2016年には3~4度の利上げが実施されると予想され、米ドル指数が105まで上昇するとも言われる。世界の資金がアメリカに回帰していくことが予想される。   国泰君安証券のアナリスト李一爽氏は、米ドルが上げ相場に入ると指摘する。日本は16年の財政再建計画とインフレ目標のためになおも通貨緩和による助けを…


万科と安邦 – 提携発表で「万宝」戦争は新局面へ [ 2016-03-11 ]

「宝能投資グループ」によって敵対的買収を仕掛けられていた不動産大手の万科グループはこのほど、大手保険グループ安邦保険グループとの提携を発表した。これで「宝能集団」が筆頭株主となるためには尚も開きがあることから、万科グループは重要なカードを手中にしたといえる。   万科が安邦保険との提携を公にしたのは15年12月23日。同社がオフィシャルサイトにて「安邦保険集団が万科の重要な株主となり、こ…


隆盛極めるEC – 2大巨頭の戦いは農村へも [ 2016-03-11 ]

2015年の電子商取引(EC)を総括すると、消費のレベルアップが現象となって現れた一年だったといえる。国務院は幾度にわたってクロスボーダー電子取引を奨励する政策指導意見を発表、モバイルツールを使った取引の比率が上昇するとともに、クロスボーダー電子取引も軌道に乗った。B2Cの領域で繰り広げられたTモールとJDドット・コム(京東)間の市場競争は、両サイトのシンボルマークから「犬猫大戦」とも形容された。…





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス