Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

特集 記事一覧


「新常態」がキーワードに進むGDPと所得の倍増計画 [華鐘コンサルタントグループ… [ 2014-12-17 ]

「新常態(ニューノーマル)」─中国経済が10%以上の高度成長期から、新たな発展段階への移行期にあることを示すキーワードのひとつである。経済成長率が7%台へと落ち着く一方、経済の中身にはさまざまな変化が起きている。今後、中国経済はどのような姿へと変わっていくのだろうか。20年以上にわたり中国で経営コンサルティングを展開してきた華鐘コンサルタントグループの古林恒雄董事長・総経理に、新年の予測を聞いた。…


環境ビジネス、新年の展望 実効性ある規制で市場拡大 [北京カンケンテクノ 永井勇… [ 2014-12-17 ]

中国経済の重要課題のひとつに、環境問題が挙げられる。PM2.5問題を契機に関心の高まった大気汚染に対しても、中国政府は2013年9月発表の「大気汚染防止行動計画についての通知」、14年11月発表の「エネルギー発展戦略行動計画」などで対策強化の道筋を明確化。産業界でも環境対策関連のニーズが高まり、今後の一大市場となることが確実視されている。排ガス処理装置メーカーとして、20年の中国事業歴を持つ北京カ…


物価下落と最低賃金引き上げ、そして「賃金条例」の公布 [プレシード 清原学CEO… [ 2014-12-17 ]

数年来の高インフレ率から一転、中国経済のデフレ説がメディア等で取りざたされるようになってきた。賃金アップによる人件費高騰は、一方で消費購買力の増加となって巨大市場としての中国の魅力を高めてきたが、ひとつのターニング・ポイントに差し掛かってきているともいえる。では企業は、2015年の中国経済の動向をどのように見ておけば良いのだろうか。人事・労務関連のコンサルティングを手掛けるプレシードの清原学CEO…


加速する現地化、経営人材育成と組織文化創造が課題に [インヴィニオチャイナ 大城… [ 2014-12-17 ]

企業は人なり─。したがって、人材育成の取り組みは企業のビジョンや戦略を映し出す鏡ともいえるだろう。マッキンゼーのOBによって1997年に設立され、人材育成や企業文化の変革、理念浸透などを研修やワークショップ、オフサイトミーティングなどで手掛けるインヴィニオチャイナの大城昭仁董事兼総経理CEOによると、日系企業の直近の研修などからは現地化の強い意志が読み取れるという。大城氏に話を聞いた。 経営人材育…


自動車生産超大国へ着々と日系、成長力の取り込みが急務 [東龍日聯(丹陽)企業管理… [ 2014-12-17 ]

江蘇省丹陽経済開発区に、日本の中小自動車部品メーカーが集まる「日本自動車部品中小企業工業園(JAPIC)」があり、現在日系企業24社が立地している。単独で海外進出することが困難な中小メーカーが力を合わせ、大手自動車部品メーカー並みの力量を得て、中国・アジアの成長力を取り込むことが目的だ。プロジェクトの推進役を担うのが、東龍日聯(丹陽)企業管理の東和男総経理。元トヨタ自動車幹部でもある同氏に、新年の…


城が無くては戦はできぬ‼ [ 2014-11-20 ]

日本におけるスペース・オペラ(宇宙冒険活劇)の第一人者として知られる故野田昌宏氏は、「執筆に全精力を集中させるためにも、快適な執筆環境の構築を疎かにすべきではない」と語った。ビジネス・パーソンにとってオフィスとは、コックピットであり秘密基地である。本特集では、その“快適な環境の構築”を通じてビジネス・パーソンの戦いを支えるサービスやソリューション、アイテムの数々を紹介する。





人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス