Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

特集 記事一覧


SCMパッケージのMCFrameで 生産管理と原価管理を見える化 [ 2013-03-02 ]

東洋ビジネスエンジニアリングの現地法人、畢恩吉商務信息系統工程(上海)(B-EN-G上海)は、日本を代表するSCM(生産・販売・原価)パッケージ「MCFrame」の導入により、製造業の生産管理と原価管理の見える化とカイゼンを支援している。中国でもカイゼンが求められつつある中で、MCFrame への注目度が高まっている。B-EN-G上海総経理の大塚博文氏に、製造業の見える化のニーズの現状やMCFra…


生産進捗や在庫の見える化で 在庫の削減を実現 [ 2013-03-02 ]

ITホールディングスグループで、製造業向けシステムの開発やソリューション販売を行うクオリカの現地法人、高律科(上海)信息系統が、生産管理システム「AToMsQube(アトムズキューブ)」により、生産進捗や在庫状況の「見える化」を促進し、クライアントの在庫削減を実現している。同社ソリューション事業部営業総監の安養寺悟氏に同システムの特徴と同社の取り組みについて聞いた。 「JISAAwards 201…


生産計画の〝見える化〟実現 現場任せの計画から脱却へ [ 2013-03-02 ]

生産スケジューラ「Asprova APS」は、工場の生産計画を〝自動化〟し、在庫削減や納期短縮を実現できる。これまで現場の細かいデータを把握できなかった日本人総経理も、計画が〝見える化〟されるため、生産計画の決裁・承認ができるようになる。人件費高騰などで効果的な工場稼働を求める工場が、効率アップの切り札として導入するケースが増えている。 計画の作業効率を大幅アップ アスプローバの生産スケジューラ「…


日本製自動化装置を輸入販売 迅速なメンテナンスが強み [ 2013-03-02 ]

電子関連専門商社、中部工営の現地法人である上海中部工営は、日本製品の電子基板製造関連の自動化機器を、これまで100社以上に導入してきた。メンテナンスの迅速さが同社自動化機器事業の強み。