Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

成功しているお客様と失敗しているお客様

日系製造業は現在、日本国内で六重苦にあえぐ中、中国市場を狙う製品の製造を増加させています。しかし、コピー製品が許されない日本市場において成り立つビジネスモデルが、中国市場では通用しない要因もあり、日本で負け組であった企業が中国市場で成功し、日本で勝ち組であった企業が中国で出遅れているという逆転現象が起こっています。

当社のお客様で成功している企業は、初めから中国市場向けの簡単機能で廉価な製品を製造し、中国および新興国に向けて輸出しています。利益が少ないので、多売でカバーとしているというパターンが多いです。逆に失敗しているお客様は、日本と同じレベルの製品に固執している企業だといえます。

それでも、当社の生産スケジューラ「Asprova」のように秀でた技術を持つため、あえてコピー市場を許容し、高級品で健闘している会社もあります。「Asprova」は製品の“見栄え”はすぐにマネされるものの、その機能については絶対に負けない自信があります。中小企業は、広い中国で多額の広告宣伝費用は使えないので、他社にマネのできない技術がないと、中国企業に負けてしまいます。

また、市場変動の激しい中国市場では何よりも納期が優先されます。それゆえに中国内販の成功企業は、製品自体の生産計画は絶対に変えません。最終製品の組立計画を優先した上で、前工程の部品加工工程をスケジューリングしています。

このほか、ワーカー不足も難題となっています。当社のお客様である日系製造業の中国工場でも、人件費の高騰のほか、生産ラインが「カッコ悪い」という理由から、中国の若者がサービス業に流れる傾向が強まっていることで人手不足が慢性化しています。この解決策として、当社はシステムによる省人化に加え、現場の若者に受け入れてもらうために、ITを取り入れた、例えばPDAなどでの生産実績の入力方法を提案しています。

若者にITを使って仕事することを「カッコイイ」と思っていただけるように、顧客利用者の事例取材の中で、利用者の写真を撮り、全国紙に掲載するなどの工夫をしています。当社の中国での代理店さんにキヤノンのシステム会社さんがありますが、キヤノンのカメラのように、工場で「Asprova」を使っているとカッコイイと思っていただければしめたものです。

当社では、今年も4月以降、多くのお客様に当社製品について話していただくセミナーを開催します。興味のある方は当社のURL(www.asprova.cn)をご参照下さい。

派程(上海)軟件科技有限公司

総経理 藤井賢一郎 氏

半導体工場において10年間生産管理システムを開発。生産スケジューラを日本で約300社、中国で50工場に導入実績を持つ。

上海市徐匯区中山西路1800号
兆豊環球大厦5楼B室
021-6440-1023
fujii@asprova.com
www.asprova.cn

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス