中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

工事契約前に必要なこと

BUILD Lab.諮詢部の銭燕華と申します。今回は「工事契約する前に何を準備する?」ということについてお話ししたいと思います。工事契約に当たっては、必要書類がいくつかありますが、特に重要なものは①契約書、②BQ表、③工程表の3つです。

中国でも一番重要なのは工事契約書です。工事契約書は、実際の証拠・工事内容を明確にするものです。施工の際、請負代金、施工範囲、工期等にかかわる発注者と受注者間の紛争を防ぐために、契約内容をあらかじめ書面で明確にすることが大切です。たとえば、何らかの理由で工期が延びる場合のその補償金に関して、契約書に明確に記載しておきます。契約書にしっかりと明記しておかないと、さまざまな理由で工期が遅れることの多い中国では、トラブルが頻繁に発生しかねません。たとえ発注者と受注者に非がなくても、双方に大きな影響を及ぼします。しっかりと契約書を交わすことは、後日のトラブルを防止するために一番大切なことだと思います。

次に、BQ表と呼ばれる積算見積書です。見積書に内装材や外装材、設備機器などの種類、商品名、品番、数量などの明細をしっかりと記入しないと、工事中に追加の費用が発生する原因となります。中国ではよく概算見積もりというざっくりとした金額で工事を始めてしまうことがよくありますが、後々のトラブル防止のためにもしっかりと明細書のある見積書を作った方がいいと思います。

もう1つは工程表です。工程表は工事を進めるのにおいてとても大事なものです。工程表があれば、工事全体の進捗状況、あるいは全体工程の中のクリティカルパスを判断できます。中国ではここもルーズにされがちです。工期がしっかりと守られるようにするため、詳細な工程表を作成することをおすすめします。

当社では、スピード重視のために軽視されがちなこれらの書類をしっかりと準備することで、事前に問題が起きないように努めています。しっかりと準備した書類の下、受発注者を含めた関係者全員が良好な関係を築くことが、プロジェクトを成功させるために一番重要なことだと考えています。

bizpresso_186_build

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス