Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

V3+で社内情報漏洩を防げ

初めましてEZ-net営業部の黒田と申します。当社は2003年に上海に設立して以来、多くの日系企業から社内の情報漏洩防止対策および従業員の管理についてご相談をいただいております。今号から6回にわたり、情報漏洩および従業員の管理対策について事例などを交えてご紹介いたします。皆さまに中国で安心して業務を行っていただく方法をお伝えできれば幸いです。

さて、皆さまの会社では社内の機密情報持ち出しについてどのような対策をされていますか。最近インターネットのニュース一覧で社員が会社内部の重要なデータを持ち出し、別の会社に売り渡すという事件を頻繁に見かけます。あるサイトの調査によると、中国で社員が会社を辞める際、約3割が会社の何らかのデータを外付けハードディスクやUSBなどにコピーして持ち出しています。持ち出すデータは、図面、商品の仕入れ値、財務情報などさまざまです。これらを持ち出す理由は、転職先の手土産または独立するためなどです。持ち出された被害額も相当な額になります。あるお客様は、信頼していた幹部4名が会社を辞める際に社内の機密情報を競合の転職先に持っていき、被害総額は日本円で約3億円とお話しされていました。

会社のデータはその会社の資産であり、勝手に持ち出す行為は犯罪行為です。こういった行為から御社のデータを守るのがV3+システムです。V3+は5年ほど前に開発されたシステムで、現在上海にある多くの日系企業がこのシステムを利用されています。

このシステムの特徴は社内PCのあらゆる管理が行えるということです。主な機能はあらゆるファイルの暗号化、外付けデバイスの制限、ウェブ、メール、チャットの制限および監視です。現在、当社では期間限定で無料お試し体験を実施中です。お気軽にご連絡ください。

biz_20140114_ez-net_1

 

 

biz_20140114_ez-net_2

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス