Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

はじめに

自動車産業向け設計・製造・解析ソフトの操作画面

はじめまして、江達発索科技(上海)の黒野と申します。今回から全5 回にわたり「CAD屋の目でみた中国進出日系自動車部品メーカー様の課題」を報告させていただきます。

私は04年から中国で自動車産業向け設計・製造・解析ソフトの販売と技術サービスに携わり、現在100社を超えるお客様にご愛顧いただいております。非日系との取引もございますが、7年の大半を日系製造業からご指導いただき、事業展開して参りました。

昨今の事業環境は、私どもを含め日系にとってますます厳しくなっており、民族系自動車メーカーをターゲットにする日系部品メーカー様が急増しています。日系メーカー様あっての私どもですので、この難局を乗り越えるために当社のわずかばかりの情報を提供することで、日系部品メーカー様のお役にたてればと思い、当連載を引き受けました。

設計データを外から買ってきて製造組立だけをする中国の自動車産業構造は変わりつつあり、部品メーカーは中国地場で自動車メーカーの開発要件に応える必要がでてきました。

このように目まぐるしく変化する中国自動車産業の発展経緯と中国ならではの事業環境を背景にした中国進出日系部品メーカー様の共通の課題と、その解決法のいくつかを第2回以降報告、提案させていただきます。

テーマは次の通りに考えております。一介のCAD屋の指摘ゆえに、見方が偏り、的を射ない部分もあろうかと思いますが、なにとぞご容赦ください。

 

(1)中国自動車産業の発展経緯と現状:生産量急拡大を支えたデータ作成会社。今日の生産過剰。変化する自動車メーカーの勢力図、質を求め、日系部品サプライヤーに頼り始めた民族系自動車メーカー。外資系部品サプライヤーに設計データ提出を義務づける民族系自動車メーカー。民族系自動車メーカーの設計開発力。

(2)民族系自動車メーカー向け受注を目指す日系部品メーカー様の苦悩:R&D 拠点設立と製品データの拠出はマスト。欧米系が先行。民族系に喰い込むためのさまざまな戦略。

(3)サプライチェーンでデータ流通が活発な中国で必要な情報システム装備:日本と異なる事業環境。情報漏洩⇒「模倣品生産」に対抗するための情報漏洩防止システム。言われのない嫌疑を排除する違法ライセンス混入防止策。設計製造システムを止めないためのサービスベンダーの選択。賃金高騰と高離職率に対抗するための設計センターの組織体制と人事制度。新規採用者の早期戦力化を目的とした設計製造システム。

江達発索科技(上海)
総経理 黒野逸資氏


【住所】上海市長寧区延安西路726号 華敏翰尊国際広場25階D室
【tel】021-6226-0202
【mail】info@fasotec-jiangda.com
【url】www.fasotec-jiangda.com

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス