Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

中国税制の体系の概要

1994年に約5千億元であった中国の税金収入は、2009年にはその12倍の約6兆元に増加しています。この間の名目GDPが約5兆元から32兆元と6倍の伸びであることを考えますと、経済の成長を超えるスピードで税収確保が図られていることが分かります。本稿では日本の税制を意識しながら中国税制について概括してみたいと思います。

◇税金体系

中国における主な租税税目は左表②の通りです。

流通課税を中心に所得課税、資産課税を体系的に整備しており、日本の税目に近似した税目になっています。

流通課税は、増値税、営業税、消費税などから構成されています。営業税は利益に対する課税ではなく、売上に対する課税です。この点、増値税(および日本の消費税)が利益に対する課税であることと大きく異なります。また、日本と同じ消費税という名前の税金がありますが、これは高級品や嗜好品だけに課税されるものであり、日本の旧・物品税に相当します。

所得課税は企業所得税と個人所得税から構成されています。この内、個人所得税は日本のような総合課税ではありません。よって、所得の種類ごとに課税所得を計算しなければなりません。

資産課税は不動産税や契税などから構成されます。不動産税は不動産の所有に対して課税する税目です。なお、日本の相続税、贈与税、事業税、都道府県民税、市町村民税に相当する税金はありません。

税収構成

税収全体に占める各税目の構成比率を見ますと右の表③の通りです。

流通税が税金税体の60%以上を占めていることがわかります。日本における流通税(消費税)の割合は13%前後ですので、中国と日本では税収の構造が大きく異なります。

中国の税収が経済成長を超えるスピードで増加している背景には、このような流通税を中心とした税体系に一要因があると言われています。輸入と国内消費の増加により流通段階における課税が増えるわけです。

また、税収全体に占める所得税の構成割合が年々増加していることが分かります。これは、個人所得の増加や外資企業に対する優遇税制の縮小が要因と考えられます。

国際税制

中国国内の税制と諸外国の税制とを調整するものとして、移転価格税制、タックスヘイブン対策税制、過少資本税制および租税回避行為否認規定があります。

中国進出日系企業にとってはいずれも重要な関心事項ですが、とりわけ移転価格税制に関する税務当局の動きには注意する必要があります。否認時の課税額の大きさを考えると、作成が義務化された同期文書への備えは重要な経営課題といえるでしょう。ところが、日本では同期文書がまだ義務付けられていないこともあり、その作成の必要性を十分に認識していない日系企業が多くあります。

同期文書の準備が不十分な場合、税務当局から移転価格に関する指摘を受けた時に、合理的な説明ができず、税務当局が提示する「シークレット・コンパラ」と呼ばれる公開できない第三者価額に基づいて更正されてしまうこともあります。

例えば、以下のようなケースがあります。ある上海の日系企業A社は上海で製品を製造し、ほぼ100%を日本親会社へ輸出していました。2008年度に税務局に移転価格調査対象企業に指定され、2001年度まで遡って税務調査を受けることになりました。

A社の利益率は約10%でしたが、税務局は中国市場で30%の第三者利益率を提示し、修正を求めました。A社は過年度において、日本親会社との機能リスクの説明資料や価格の算定方法を裏付ける資料の提出ができなかったため、結局、約1500万元の更正決定を受けることになりました。

京都天華会計師事務所ではこのような事例を数多く扱っています。最新の判例や税務当局の動向を注意深く研究し、日系企業の皆様により良いタックスアドバイスを行っています。


筆者

日本公認会計士 前島召治

法定監査業務、株価算定業務、財務調査業務、事業再生業務など会計税務に関する全般的なアドバイザリー業務の経験を持つ。京都天華ジャパンオフィスのシニアマネージャーとして中国進出日系企業に対して様々なサービスを提供している。

 

京都天華会計師事務所有限公司 Grant Thornton

【住所】中国上海市西蔵中路268 号 来福士広場45F
【tel】021-2322-0298
【fax】021-2322-0098
【mail】rose.zhou@cn.gt.com

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス