Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

成功する仕組みの創り方

こんにちは、IbD事業開発研究所の島田浩司です。今回、「成功する仕組みの創り方」について話します。

成功するにはビジネスモデルが必要

中国に進出する日系企業は、ビジネスモデルが明確でないケースが多いです。とりあえず、日本の製品を中国に持ち込み販売するというパターンが大勢です。

ビジネスモデルは、「利益を生み出す製品やサービスに関する事業戦略と収益構造の仕組み」と定義できます。現場でモノを売る、モノを仕入れる、生産依頼する、市場を調査する、企画を立案するなどを経験し、実行した者でないとなかなか構築できません。中国市場ではインターネットやスマートフォンといったメディア対応も必至です。ビジネスモデル構築にあたり、 自社だけでできるか、外部の支援を求めるか、検討すべきでしょう。

ビジネスモデルの次にブランディングを

今年の中国消費市場はあまりよくないです。各企業が売上拡大に走り、大量の製品在庫を残した状態で秋冬商戦に入っています。売場ではセールの嵐。ローカル企業はアウトレットを使った処分を積極的に進めている状態です。

店頭では、高価なカタログを無料配布し、イベント・プロモーションに莫大な費用を掛け、ブランド認知度を上げるために各社が必死です。中国では商品単独の戦いから、完全に「ブランディング」の戦いとなった感があります。

ブランドを伝えるには構造が必要です。最適なメディアと付き合い、市場の顧客の中から自社に合った顧客グループを選び、情報を浴びせなければ、消費者は付いてこないです。

ディレクションの重要性

ブランディングは、現場に落とし込むディレクションが大切です。ビジネスモデルから基本構造ができあがり、市場の消費者・顧客との関係が決まります。ブランディングを現場で表現するための管理・監督・始動係がディレクターです。ここで一番大切なのが、ディレクターが現場を知っているかです。現場経験がないと「個人の感覚」によって仕組みが決まり、企業、ブランド側の思いと違う結果になるケースが多いです。次回は「事業開発の構造」を話します。お楽しみに!

 

【IbD 事業開発研究所】

代表取締役 島田 浩司氏

TEL:021-6236-7672  (黛森商務諮詢(上海))
MAIL:cyber-k.shimada@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ibdginza/

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス