Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

変電所に関する豆知識

今回は、変電所に関する一般的な常識について解説します。

高圧引込線電圧

長江デルタの工場の高圧引込線電圧等級には、通常10KV、20KV、35KV、110KVがあります。変電所容量が8000KVA以下の場合、引込線電圧等級は10KVと20KVの2つです。20KV電圧の使用開始はつい最近のことで、現在ある地区では20KVの電圧のみを使用し、ある地区では10KVから20KVに拡大しようとしています。このため、後者の変電所設備は10KVと20KV兼用の設備を使用する必要があります。変電所容量8000KVA以上40000KVA以下の場合、引込線電圧等級は20KVまたは35KVがあります。40000KVA以上の高圧引込線の電圧等級は35KVです。

低圧電圧

中国標準の低圧三相電圧は380V(三相五線制:A/B/C/N/PE)です。単相電圧は220V、三相五線制。日本の三相電圧は200V(三相四線制:A/B/C/PE)、単相電圧は100Vです。中国と日本の配電型式は違うので、方案を制定する時は生産設備の用電状況を考慮しなければなりません。

通常の変電所の様式

柱上変電器、建屋変電所、室内変電所の3つがあります。

設備の用電容量と建設費用投資量で合理的に変電所の様式を選ぶことがポイントです。

高圧引込線ケーブルの引き入れ経路

土地を購入する時、政府は変電所の高圧引込線ケーブルを建築の下図の赤ラインのところまで提供します。赤ライン外の電気ケーブル工事の施工費用は政府が負担し、赤ライン内は業主が負担します。高圧電気ケーブルの引き入れ方法は2つあります。図1の業主の費用負担は、図2と比べて少ないので、政府と相談する時には電気ケーブルの引き入れ点を確認した上で、引き入れ経路も確認する必要があります。

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス