Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

工場における防災について(リスク管理)(3)

前回は、防火対策の10のポイントのうち、5つ(①~⑤)をご紹介しました。今回は、後半の⑥~⑩をご紹介します。

⑥設備管理

【作業設備】

□設備の点検・清掃を徹底しているか □ダクトの清掃管理を徹底しているか □漏電警報器、ガス漏れ警報器などの安全装置を設置しているか □設備の正しい操作方法を掲示しているか

【電気設備】

□不良箇所を仮修理しそのまま使用していないか □たこ足配線をしていないか □配線の処理は適切に行われているか □コンセントや接続器、プラグの清掃をこまめに行っているか □使用後の電源オフは励行されているか

⑦建物構造配置

災害時の損失を最小限にする建物構造となっているか確認します。□建物の構造および内装材は不燃材料か □各建物の離間距離は10m以上か □野積の動産の保管状況は適切か

⑧防火区画

防火区画とは、建物内で発生した火災の延焼拡大防止のために、建物内に設定されたコンクリートの床または壁による区画のことで次の観点で確認します。□防火戸や防火シャッターの定期点検を実施しているか □防火戸や防火シャッターを適切に設置しているか □防火戸の前や防火シャッターの下に物を置いていないか □ダクトや配管等の貫通部を埋め戻しているか □連絡通路が延焼媒体となる恐れがないか

⑨消防体制

防火対策には、早期発見と初期消火が大切であるため、消防体制を整えることが必要です。□自衛消防隊を編成しているか(休日・夜間の体制) □定期的な訓練を実施しているか □消防用設備の能力・配置は適切か(消火設備の種類・能力・定期点検・起動テスト・バックアップ体制)□公設消防署までの走行距離および通報体制は適切か □警備体制は適切か(監視体制・警戒区域一覧図)

⑩作業リスク着眼点఺

□ユーティリティ設備管理(ボイラー・受配電設備など) □一般火気管理(ストーブ・こんろ・厨房設備・焼却設備) □自然災害リスク対策(地震・水災・雷)□作業リスク(引火性液体の取り扱い、換気、静電気対策、防爆型電気設備)

次回は、防災上の不備の実例についてご紹介いたします。

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス