Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

出張先緊急事態の対応

中国から第三国へ出張の際、アライバルビザを取得する必要があり、イミグレーションで搭乗券を要請されたものの電子チケット等の理由により、手元に現物や「控え」がなく、困ったことはありませんか? また、出張先で緊急事態が起き、急遽エアチケットを変更しなければならない時、どうされますか? 普通はパニックに陥ってしまいますが、できるビジネスパーソンは違います。

空港で要請された搭乗券については、信頼のおけるビジネスサポート会社に電話を掛け、後はメールを待つだけでOKです。お手元のiPadやスマホで電子チケットを受け取って、イミグレーションの窓口に見せて、ビザを発行してもらいましょう。

出張先で緊急事態が起きた際も同じです。電話一本で新しいエアチケットを手配できます。その場合、フライト情報とチケット番号はケータイのSMS(ショートメール)でお伝えします。またキャンセルするチケットの手数料を最小限にする方法も電話でお知らせします。しかもこれらの手続きはほぼ1時間以内で完了可能です。

また、天候の問題で飛行機が飛ばないこともよくあります。豪雨でフライトが中止になったとします。空港のベンチで適当に仮眠するにも盗難が心配です。翌日の移動も気がかりでしょう。こんな時もやはりわれわれプロのサポートが威力を発揮します。

まず、お客様に電話で現地の事情を説明していただきます。その内容を踏まえ、当社のサポート担当者が状況を判断します。その日にまだ飛べるなら、ほかのフライトに切り替える方法をお教えします。ダメなら、その晩の宿泊先をお探しし、いち早く空港から移動していただきます。こうした際、宿を探すのはなかなか難しいはずですが、われわれは移動先が決まった後、ホテルを一軒ずつ探し、予約し、ホテルの情報をSMSで送ります。それと同時に翌日の移動手段を探します。いまの中国は高速鉄道が発達してきており、鉄道での移動は飛行機より安定しています。飛行機だけでなく、列車の便名と時刻も候補として提出いたします。

プロに外注することで、緊急時にも慌てない。これこそができるビジネスパーソンの快適な出張術です。

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス