中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

日銀の異常な金融緩和政策

皆さま、明けましておめでとうございます。本年も皆さまのお役に立てるマネー情報を提供していきたいと考えておりますので、引き続き本コラムをご笑読いただければ幸いです。

日銀は昨年4月にアベノミクス第1の矢として、「異次元の金融緩和政策」を導入しましたが、後世のエコノミストから、あれは「異常な金融緩和政策」だったと評価されることになるかもしれません。今のところデフレ脱却に向けた金融緩和策は順調にみえますが、大量の国債を買い入れる「異次元」の金融緩和は政府の借金を中央銀行が穴埋めする「財政ファイナンス」に当たるとの懸念を抱えています。また、民間エコノミストの間では「2年で2%程度」という日銀の物価上昇目標に関して懐疑的な見方が多く、国債の新規発行額の約7割を市場で買い入れる異次元緩和が市場で財政ファイナンスと受け取られれば、長期金利の高騰を招きかねません。

第2次安倍内閣発足から1年が過ぎましたが、少子高齢化、産業の空洞化、毎年増え続ける社会保障コストといった根本的問題を解決しない限り、日本経済の回復に特効薬はありません。もしも日本発の金融危機が発生したら、最後に生き残る資産は、やはり現在の機軸通貨である米ドル資産になる可能性が高いと思います。海外での資産運用は米ドル建てを中心に、リスク許容できる範囲で他の通貨を交えて運用するのが得策と言えます。ここ最近の円安傾向を見ても明らかなように、日本円建ての資産は、日銀の異常な金融緩和政策に呑み込まれてしまうリスクがあります。資産防衛のためのリスクヘッジ手段を確保するためには、外貨資産と現物資産をできるだけ多く保有して、いずれやって来るかもしれないXデーに備えるべきです。

今月のマネーの教訓
日本経済の回復に特効薬はない。資産防衛のために外貨資産と現物資産を多く保有して、Xデーに備えるべき。

bizpresso_182_ifa

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス