中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

不安定な国こそ投資チャンスが訪れる

米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小継続を決めたことで、新興国通貨が下落し、世界の株式市場が不安定になっています。世界最大の資産運用会社、米ブラックロックのラス・コーステリッチ・チーフ投資ストラテジストは「経常赤字の新興国には投資資金が入りづらく、黒字の台湾地区や中国との二極化が進む」と指摘しています。経常赤字が続くトルコ、南アフリカ、インド、インドネシア、ブラジルを含めたグループをフラジャイル・ファイブ(脆弱な5カ国)と称して、市場は投機の標的にし始めています。経常赤字国は外貨準備を蓄積しにくいため、為替介入で自国通貨を買い支えるのにも限界が生じている状況です。

一方、かつて世界中を旅した冒険投資家ジム・ロジャーズ氏は現在、シンガポール在住で「利口者は1807年ならロンドン、1907年ならニューヨークに移り住んだ。2007年ならアジアだ」と語っています。「不安定な国こそ投資チャンスが訪れる」として、混迷するタイ情勢に関心を寄せ、インドネシアなど近隣諸国に赴いています。直感を信じ数年前に買ったシンガポール上場のミャンマー企業株は、今や15倍に上昇したそうです。東南アジア諸国は政治混乱やマネー流出に直面し、勢いに陰りもみえますが、この地域はエネルギッシュに動き回り、停滞感を打ち破りそうな人物で満ちあふれています。普通の人間心理としていま好調な方の市場に投資したくなるのは分かりますが、他人と同じことをしているだけでは競争の激しい市場で勝ち残ることはできません。将来的な年金対策においても「不安定な国こそ投資チャンスが訪れる」と考え、今後の経済成長が期待される新興国株式ファンドへの中長期投資をお勧めさせていただきます。

bizpresso_182_ifa

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス