Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

お酒を飲んでも大丈夫 !!

忘年会シーズンは終わりましたが、中国では新年会に春節と続き、まだまだお酒を飲む機会が多いと思います。そこで、今回のテーマは基礎代謝を予定していましたが、急遽変更してお酒をテーマにしてみます。

3つの掟を守れば太らない!

お酒を飲むと太りやすいという認識を皆様お持ちだと思います。しかし、これは本当に正しいのでしょうか。これから紹介する3つの掟を実践すれば、二日酔いからは解消されなくても、太るということからは解消されるでしょう。

お酒は、糖質が含まれる種類と、含まれない種類の2つに分けられます。当コラムの第1回では、体に分解吸収しきれない糖質が脂肪になることを説明しましたが、ここで第1の掟です。太らないためには糖質がないお酒を選びましょう。糖質が多いお酒には、ビール、リキュール(果物系)、ワイン、紹興酒、ブランデー、果実酒、日本酒などがあります。特に糖質が高いのは梅酒などの果実酒です。逆に糖質が含まれないお酒は、主に蒸留酒となります。ウィスキー、焼酎、白酒、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラなどですので、これらを飲むことをお勧めします。

「おつまみ」「適量」にも注意を

第2の掟は、おつまみです。低カロリー高タンパク質が原則で、いくら糖質がない物を飲んでも、おつまみが炭水化物と揚げ物ばかりだと効果も半減します。肝臓はアルコールを最優先に分解して、その他の栄養素の分解を後回しにします。そのためお酒を飲んでいる時にいつもと同じカロリーを摂ったとしても、肝臓の分解率が下がるので、食べた物の多くが分解吸収されずに脂肪として蓄えられてしまいます。

低カロリーなおつまみには、野菜サラダ、枝豆、キムチ、高タンパク質で低カロリーなのは魚介類全般、鶏肉のソテー、豆腐料理、ハム、牛や豚のヒレ肉などがあります。ぜひ、これらをおつまみに選んでください。

最後の掟は、適度なアルコール摂取量を守ることです。アルコールで中枢神経が麻痺されると、体が糖質を欲しがりやすくなります。そうなる前に、一度冷静な自分を取り戻し、締めのご飯や麺をがまんしましょう。最後に食べる炭水化物は、ほとんど体内に吸収されずに脂肪として蓄積されます。以上3つの掟を守ることで、飲み会が連日続いても体重が増えることはないでしょう。

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス