Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us

店頭での商品スイッチを防ぐ!上海市内のスーパーでの店頭プロモーション

■「店頭での商品スイッチ」

実に6割以上の消費者が、「店頭で買う予定の商品を変えたことがある」というデータがあります。消費者の認知を獲得し、店頭へ誘引できたとしても、販売チャネルによっては他の商品にスイッチされてしまうことが少なくないのが実情です。

■中国の店頭は日本以上のにぎわい!

例えば週末、中国の量販店やデパートに行くと、店頭には化粧品や家電、その他さまざまな商品のブースが出され、何人もの説明員がカタログや商品を手に、来店客に声をかけています。そして、その場で実際に商品を試させたり、試供品のサンプルを提供したりしています。そのにぎわいは、日本の店頭以上です。

メディアを通じて認知した商品を目当てにお店に出かけた消費者も、そうした店頭プロモーションなどにより目移りするのは当然です。また、実際に目にして、使ってみたものの方に心を動かされるのも当然のことだといえます。

■PRと販促を連動させるべし

プロモーション活動においては、PRやePRによって、効率的に認知度を上げていくことが重要なのは言うまでもありません。ただ、そこがうまくいったあとの、いわゆる“クロージング”部分にも対策が必要です。

店頭でのSP系プロモーションをはじめ、微博(マイクロブログ)を使った割引キャンペーンなどWebやモバイルを活用した手法も含め、クロージングにもさまざまなやり方があると思いますが、PR施策と販促施策とを連動させ、「認知」から「購買」までをひとつのコミュニケーションとして考え、実施していくことがより効果的だといえるでしょう。

■認知獲得から販売促進までをサポート!

弊社では、600都市におよぶ店頭での商品体験・クロージングまでをトータルサポートしており、内陸都市店頭での棚取りなども含め、「PR活動による認知獲得」から「店頭での販売促進」まで一貫した提案・施策を実施しています。

ご興味のある方はぜひ一度下記までご連絡くださいね。

 


ベクトルチャイナ客戸部経理
項 佳毅

モノを広めるプロフェッショナル
ベクトルチャイナ(維酷公共関係諮詢(上海)有限公司)

上海市延安西路728号華敏翰尊国際大厦 18F B座
021-5206-2330(久井・上島)
n-hisai@vectorinc.com.cn

人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス