中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

業界インタビュー

BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸 董事長 総経理 神並 充 氏 – 引越しサービスの老舗/多様なサービスで利便性を


[ 2017-01-07 ]

運送業・倉庫業・貿易業などを手がける丸協運輸の現地法人・上海丸協運輸は、引越し事業では15年以上の歴史を持つ、日系企業で上海屈指の老舗だ。個人引越しからオフィス移転、工場移転まで、国内引越し・国際引越し両方をカバーしており、サービス・ラインナップも多彩だ。拠点統合や単身駐在化など世相を映す鏡でもある引越し需要の現状も交えて、神並充董事長 総経理に話を聞いた。

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー

神並充(かんなみ・みつる)氏●1958年3月16日生まれ。1995年、造園・農林業機器メーカーのマネージャーとして中国に赴任。2001年、上海丸協運輸入社、総経理就任。2015年より董事長を兼務、現在に至る。趣味はゴルフ、座右の銘は「力いっぱい」。

 

16年の実績と信頼

丸協運輸は1967年に創業。3PL、貸切輸送、共同配送、倉庫業、さらには産業廃棄物の回収運搬など広範な物流事業を手がけており、2015年度のグループ売上高は337億円。94年に中国現地法人として上海丸協運輸を江蘇省張家港保税区に設立した。上海丸協運輸は中国内外への貨物輸送サービス、倉庫サービス、貿易業務、国内・国際引越しサービスなどを担っている。

 

──引越し事業の概要を。

「引越課のメンバーは現在、中国人スタッフ2人。さらに、他部署のスタッフが日本人・中国人合わせて数人ほど、引越し事業に携わっている。引越課の2人はいずれも社歴10年以上で、特に1人は引越し事業を始めた2000年ごろからのベテラン社員なので、日系ニーズへの対応法も含めて豊富なノウハウを備えている。

現場での作業は代理店が中心になっておこない、当社のスタッフは下見や見積もり、引越し当日の現場監督などマネジメント的な業務を主に担っている。代理店も当社との13年にわたる付き合いの中でノウハウを積み重ねているので、細部への気配りも含めて高品質のサービスを提供できる。

比較的近距離の引越しであれば提携先のトラックを手配するが、遠方の場合は当社のトラックで混載輸送によってコストダウンを図ることもある。海外や遠隔地への引越しの場合は、提携先の倉庫を経由して輸送する」

──引越し事業を始めた経緯は。

「引越し事業は丸協運輸日本本社でも手がけたことがなかったが、得意客からの相談もあって、2000年に手探りでスタートした。当時、在上海の日系物流業者の間でも引越しを手がけている企業は極めて少なく、差別化を打ち出す面でも効果的だと考えた。また市内引越しであれば、搬出、荷の積み下ろし、輸送、搬入まで、物流業務の基本的な流れを1日で把握できるため、物流業界初心者が多かった当時の当社にとって、OJTの良い機会になるとも考えた。物流業務の受注には息の長い営業活動が必要となるが、引越しは日常的に発生するニーズなので新規の注文を獲得しやすく、そこで得た信頼関係を物流業務の受注につなげていく、といったきっかけづくりにも生かしている」

──貴社引越しサービスの差別化ポイントは。

「まずは16年以上にわたる豊富な実績。日系行政機関や日系金融機関などの移転を手がけたこともある。リピーターも多く、既存顧客から新規顧客をご紹介いただくことも珍しくない。2つめは、その長年の経験をベースにした多様なサービス・ラインナップだ。

市内引越しに対しては“らくらくパック(梱包作業に始まり搬出や積み込み、転居先での荷下ろし、搬入、開梱、家具等の設置に至るまで、ほぼ全ての作業を引越し業者が手がけるサービス形態)”を提供しているし、その一方で車両と運転手だけ当社が手配し作業の大半はセルフサービスとなる廉価プランも用意している。後者は機密性の高い書類などを扱うオフィス移転のようなケースでも利用いただいている。

引越しのタイミングにあわせた不用品処分の代行も引き受けているし、引越しではなくオフィスのレイアウトを変更する場合の備品の移動を手伝うサービスもある。引越し時に限らず、部屋の模様替えなどをおこなう際の個人貨物の保管代行サービスもおこなっている」

 

個人の引越し需要が増加

──引越しの需要動向は。

「少し前までは、拠点統合や郊外移転などのオフィス移転ニーズが多かった。この1~2年は、日系マンションの買収、アパート家賃の高騰、駐在員の単身化などに伴う個人の引越し需要が増えている。直近の月間受注件数は平均25件ほどで、うち2件前後をオフィス移転が占めている。工場移転も毎年2件程度受注している。ただ、日本人が減少傾向にある一方、個人引越しを対象とした引越し業者が増えているため、競争は激しさを増しているのが現状だ。

また国際引越しでは、日本への帰国以外にシンガポールへの引越し需要も多く、現地の日系同業者と協力してサービスを提供している」

──国籍別に見た顧客層は。

「今のところ日本人需要が大半だ。当社も、日系企業や日本人向けのマンションやオフィスビルであれば、エレベータの配置なども含めた荷物の搬送環境はおおむね把握しているので、迅速で的確な対応ができる。一方で中国人も、日本への留学・駐在経験があれば日本式のサービスになじんでいる可能性があるので、新しい顧客層として開拓していきたい」

 

食品輸送に新規需要

──引越し以外に、物流面での新たな動きはあるか。

「ここ5年ほど、食品関係の輸送が伸びている。以前は売上高ベースで工業製品が7割ほどを占めており、食品は2~3割程度だったが、今では食品関係が全体の7割を占めるまでになっている。乳業関係や調味料関係、日本酒などの保管と輸送オーダーを多くいただいており、当社の品質管理に対する市場からの信頼の表れと受け止めている」

 

【引越しサービスのプロセス】

①下見・見積もり:日本語のできるスタッフが一貫して対応する

②自分で梱包を希望する顧客には、事前に梱包資材(段ボールやテープ)を提供する。梱包方法のレクチャーもおこなう

③引越し当日、丸協運輸のスタッフが壊れ物を含む引越し貨物全てを梱包する。各段ボールには「内容物」「設置場所」「分類番号」を記入し、引越し先での仕分け作業の効率化を図る

④搬出時・搬入時には、丸協運輸のスタッフが顧客と一緒に貨物の数量確認をおこなう

⑤引越し先では、搬入後に開梱して、備品や家具を新たな設置箇所に据え置く

⑥後日、不要となった段ボールなどの廃材を回収する

⑦その他:

●大型家具は傷がつかないよう解体して輸送し、搬入先で組み立てる

●植物、ピアノも運搬できる。

●上海市内・近郊への引越しの場合、顧客に移動車両も手配する

●トランクルームも提供する

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

搬出現場に到着。梱包や養生(荷物搬出入時に床や壁などが傷つかないよう保護すること)に使う段ボールやクッションを運び込む

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

机上のパソコンや電話機はスタッフが梱包する

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し, 段ボール, 梱包

段ボールには梱包物を明記。物品によっては壊れ物シールも貼付する

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

家具や物品はラベルで区分し、搬入先での設置を効率化

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

ラベルの例。転居先の間取りに対応させた設置箇所をナンバー表記する

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

オフィス機器の梱包。クッションと段ボールによる二重包装で衝撃を防ぐ

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

搬出の様子

 

Whenever BizCHINA 2016年11月号, 上海丸協運輸, 董事長 総経理, 神並充, インタビュー, 引越し

貨物の数量確認表。個人単位で記入しており、搬出時と搬入時に顧客と丸協スタッフがダブルチェックして照合する

 

上海丸協運輸

住所: 上海市天山路641号上海慧谷白猫科技園1号楼202B室

TEL: 021-5206-8062

Website: www.marukyo-sh.com/japan/in.htm

E-mail: kojima@marukyo-sh.com

 



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス