Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us
中国ビジネスニュース

中国アニメ企業 秀作なく85%が赤字


[ 2013-09-06 ]

大量生産による値崩れも

中国のアニメ企業は85%が赤字経営であることが、このほど発表された「中国文化ブランド発展報告(2012)」で明らかになった。優秀作品が少ないこと、放映収入が低いこと、キャラクター商品などで収益を補う力が不足していることが主な原因と指摘している。多くのアニメ企業が政府などからの補助金に頼っている状態で、中国でアニメが産業として確立されるまでには、まだ時間がかかりそうだ。

昨年中国で制作されたアニメは世界最多の395本に上り、大量生産により、限られた放送枠を巡る競争が激化した。省級テレビ局から得られる放映収入は1分当たり数十元の水準まで落ち込み、中にはテレビ局に料金を支払って放映するという逆現象も起きた。アニメ映画も同様で、放映収入のほとんどが映画館への支払いや宣伝費、投資家への配当に消えているのが現状だ。【第一財経日報9月4日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス