中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
中国ビジネスニュース

アウトレットモール – リアルショップの救世主か


[ 2016-01-27 ]

中国のアパレル企業大手「杉杉」が、業態を多元化している。寧波のアウトレットモール旗艦店三期が間もなく開業となるほか、将来的には全国で10余のアウトレットモール建設に投資する。

現在、Eコマースの攻勢を受け、リアル店舗は「小型化」または「大型化」へとシフトする傾向にある。「小」はコンビ二などで、「大」は大型の体験式ショッピングモールまたはアウトレットモールを指す。

杉杉は今後、アウトレットモールや都市複合体を看板に掲げる商業不動産に比重を置く方針だ。報道によれば三井不動産等とともに、寧波、ハルビン、鄭州などの都市で近郊型都市複合体をコンセプトとしたモール建設に投資しており、寧波の場合は91万㎡の建築面積に、ハイエンドのショッピングセンター、フォーシーズンズホテル、インテリジェントビル、サービス式アパートメント、マンションが集積するものとなっている。同アウトレットモール三期が開設すると、テナント数は130から200へと拡大する。

ネットショップでは、消費者はニセモノをつかまされることに警戒感を抱く。したがって、アウトレットモールが「本物」をアピールすれば、顧客を引きつけられるというわけだ。【第一財経日報15年12月6日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス