中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

中国ビジネスニュース

グリーン産業 – “発展空間”大きいファイナンス市場


[ 2017-01-07 ]

グリーン開発が国家戦略として重要視されるのに伴い、グリーンファイナンスの飛躍的な成長が有望視されている。中国金融学会グリーンファイナンス専業委員会、国際連合環境計画(UNEP)、 国際資本市場協会(ICMA)、興業銀行等の機関が9月6日に主催したグリーンファイナンス・シンポジウムで興業銀行の陶以平頭取が語った。

陶以平頭取は、グリーン化事業の発展が政府や監督機関、そして社会にとって重要になっており、興業銀行を含む各金融機関に大きなチャンスをもたらしているとした。省エネルギー、環境保護およびエコロジー信用貸付、グリーン金融の領域において一連の政策が発表され、それが中国グリーンファイナンス事業の発展にとって力強い支えとなっている。

こうした情勢のなかで、出色した取り組みを行っているのが興業銀行であり、同行はエクエーター原則によって採択された金融機関(EPFIs)として存在感を発揮している。グリーンファイナンス領域で市場開拓を続けること10年、同行は中国グリーンファイナンスの発展に向けた手本を示すと同時に、世界一流のグリーン金融総合サービスプロバイダーを目指し、挑戦を続けている。

2006年以降、興業銀行が運用してきたファイナンス商品は多岐にわたり、合計6400余の企業に向けて提供したグリーン融資は9000億元以上に達する。現在、グリーン融資残高は4300億元を超え、業界企業への融資残高に占める比率は14%を上回る一方、不良率は銀行業界の平均レベルより低い。

そのほか同行は、炭素ファイナンスの総合サービスや炭素金融総合サービス、汚染物質排出権の担保貸付、炭素資産の担保ローンへの着手、水資源の利用や保護に関する総合ソリューション、銀行システムに基づくオンライン炭素取引代理口座開設システム、低炭素信用カード、グリーン無担保貸付資産サポート証券、グリーンファイナンス債といったサービスを中国国内で提供してきた。【第一財経日報9月7日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス