中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
中国ビジネスニュース

インテリジェント・ハードウェア産業, 2018年の市場規模は5000億に


[ 2017-01-07 ]

中国政府工業信息化部と国家発展改革委員会はこのほど「インテリジェント・ハードウェア産業イノベーション発展の特別行動(2016-2018年)」を発布した。

インテリジェント・ハードウェアとは、情報収集・処理と接続機能を有し、インテリセンス、インタラクティブ、ビックデータサービス等の機能を備えたインターネットの端末デバイス製品である。中国が推し進める「互聯網+(インターネットプラス)行動計画」における人工知能(AI)の重要なキャリアにもなっている。

同行動計画では、中国のインテリジェント・ハードウェア産業がチャンスと課題を併せ持っていることが指摘されている。中国のインテリジェント・ハードウェアのシェアは2018年までに世界市場の30%を超え、産業規模は5000億人民元以上、海外特許の比率は10%を超えるとしている。

そのほか、低消費電力設計のシステム、低消費電力広域(LPWA)スマートロジスティクス、仮想現実(VR)、インテリジェントヒューマンコンピュータ・インタラクション(HCI)、高性能運動と姿勢制御といったキーテクノロジーの分野で顕著な進展が見られており、今後、業界リーダーとなる上場企業を育成していくとしている。

なお、同行動計画では、中国が電子情報製品の製造大国であり、世界最大のインターネットユーザーを擁していることを背景に、インテリジェント・ハードウェアの市場潜在性が極めて大きいとしながらも、キーテクノロジーやハイテク製品の供给不足が課題として存在すると指摘している。イノベーション支援体系は完備しておらず、産業連携が緊密ではないなどの問題やリスクがあることも看過できない。【第一財経日報9月21日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス