中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
中国ビジネスニュース

郵政集団上海郵幣カード取引センターが開設全国でオンライン取引が可能に


[ 2014-10-13 ]

切手やコイン、テレホンカードの取引をインターネット上で行う「上海郵幣カード取引センター」が9月1日、オープンした。同センターは、中国郵政集団公司傘下の上海郵政実業開発総公司と新華社傘下の北京新華金融情報取引所、投資会社の上海振瀛投資の合資で設立した全国初の国有ホールディングで、切手やコインなどの販売を扱うプラットフォームとなる。同センターでは、直物公示、直物入札取引、直物注文取引、直物委託取引の4取引を行う。

切手やコインなどの販売を扱う取引所はこれまで全国に62カ所、インターネット市場が21件あり、市場規模は5000-6000億元、北京と上海の2市場の1日平均取引額が5000万元にのぼっていた。しかし、業界関係者は2級市場では安全性や迅速性が欠如していると指摘、新センターの陳必昌董事長は「迅速で取引コストの低いオンライン市場は、従来のオフライン市場にとって代わる」と予見している。【第一財経日報9月1日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス