中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
中国ビジネスニュース

危機続出の搜房網上海の仲介業者もボイコット


[ 2014-10-13 ]

中原地産、21世紀不動産、徳佑地産、我爱我家、宝原地産、信義、福美来、志遠、九間伴、永慶、三千石、品信、仁豊といった多くの不動産仲介企業で構成される上海仲介連盟は、4日から不動産サイト大手の搜房網上の全ての物件を取り下げると発表した。

これより前に、捜房網は杭州、青島、深圳、東莞、河南など各地で不動産仲介企業連合のボイコットに直面している。各地の不動産仲介業者が連携してボイコットしたことで搜房網の株価は急落し、杭州の仲介業者のボイコット翌日には同社の市場価格のうち35億元が失われた。

不動産市場が低迷した今年第1四半期も捜房網の物件情報発表による売上高は前年同期比で57.1%増加したが、これは仲介業界から徴収する情報掲載料金による。同料金はここ数年で10倍に値上りしているが、捜房網は業界の独占的地位を占めるため、不動産企業の負担が拡大していた。【第一財経日報8月6日】



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス