中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
特集

工場建設のプロフェッショナル‐ 上海比悠徳建 築設計工程有限公司(BUILD Lab.)


[ 2013-01-30 ]

工場建築の総合サービスを提供 小回り効く「小さなゼネコン」

日系企業の工場建設トラブルが増える中、上海比悠徳建 築設計工程有限公司(BUILD Lab.)が提供する工場建設のワンストップサービスへの引き合いが増えている。高品質の施工を実現し、小回りの利く「小さなゼネコン」を自認する同社に迫った。

高品質の施工を提供

日本の設計施工会社、美留土(BUILD)グループの現地法人、上海比悠徳建 築設計工程有限公司(BUILD Lab.)は、コンサルティングサービスや設計、施工および施工管理、メンテナンス、クリーニングなど、工場建築に関係する総合サービスを提供している。近年、日系企業の工場建設におけるトラブルが増える中、同社のサービスへの引き合いが増えている。

同社副総経理の稲垣篤則氏はこれまで、ブリヂストンの工場や東洋ゴム工業の工場など、約220のプロジェクトに携わってきた。稲垣氏は「中国では工場建設の孫請け、玄孫受けが常態化し、施工管理が行き届かず、品質悪化に繋がっている」と指摘する。そのため、同社では諮詢(コンサル)部、設計部、工事部の3部門を設け、工場建築にかかわるすべての工事に対応できる体制を構築。また、プロジェクトごとに日中の設計士やエンジニア、法規などに精通したスタッフがチームを組んでいる。

さらに、 現地の優良ゼネコンである宝鋼工程技術集団や仙頭市潮陽第一建安総公司と提携し、すべての工員を自社で管理するなど、 徹底した現場管理を行っている。これらにより、中国の法規に則った建築設計や確認申請などをスムーズに行い、かつ日本品質の設計や施工を実現している。

何十年も使用できる日本品質

稲垣氏とともに、工場設計に取り組む同社副総経理の曽我部紘氏は、「中国ではイニシャルコストを安くするために、不可欠な工事さえも省いてしまうことがある」と語る。そのため、曽我部氏は中国での工場建設の際には、正確な調査、適正な計画立案、実態に合った見積もりを作ることが重要だと考える。同社では、こうした中国語で制作された報告書や見積もりをクライアントもしっかり理解できるよう、日本語版を作って提供している。

また、何十年も使える〝日本品質〟の工場の建設を実現するべく、将来を見越した建設を行っている。予想できる事態を未然に防ぐために、土壌改良や建材の劣化防止措置、雨水処理など必要な施工を施しているという。「依頼主に対して、なぜその工程が必要なのか、どのように施工するのかを詳しくご説明している。例えイニシャルコストが高かったとしても当社が選ばれるのは、〝日本品質〟を評価いただいているからだ」と稲垣氏は語る。

同社では今後も、小回りが利き、クライアントの要望について常に耳を傾ける「小さなゼネコン」として日系企業を支援していく構えだ。



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス