Webでの情報発信は、微信(WeChat)での電子雑誌に移行しました。QRコードから
公式アカウントに
アクセスしてご覧ください。

中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

about_us
特集

中智上海経済技術合作公司, 日系向け新サービス「智櫻会」始動, 日企倶楽部、日経BP社「課長塾」も


[ 2016-07-19 ]

中国経済が発展の新たな段階に移行し、日系企業にも変化への対応が求められている。人的資源サービス国有大手の中智上海経済技術合作公司(中智上海公司)は2016年6月から、日系企業向けに新サービス「智櫻会」をスタートした。同社サービスを利用している在上海の日系企業全てに、最新の政策や情報を伝えたり、労務・法務講座を開講したり、各種経営調査の結果を伝えたりするとともに、会員交流会なども開催していく。

 

人事労務情報など提供

同社は1993年5月設立。中国中央政府が直轄管理する国有重点基幹企業で、人的資源サービスを中核業務とする中国国際技術智力合作公司(中智グループ)のグループ企業。国務院と上海人民政府の認可を受け、国内外企業・機関へ人的資源に関する包括的コンサルティングサービスを提供している。

中智グループは「2015-2016年大中華地区最優秀総合人的資源サービス機関」(HRoot社ウェブサイト“2015-2016 Best HR Service Providers in Greater China”)に選ばれるなど、数々のランキングで高い評価を受けている。中智上海公司も国務院国有資産監督管理委員会が管理し、中国企業連合会が出版する雑誌『企業管理』から、2015年度中国企業管理ランキングで「最優秀管理企業賞」を受賞(国務院国資委主管ウェブサイト「中国企業管理倶楽部」1月29日付発表)するなどの評価を受けている。以前から有料制会員サービスの「日本企業倶楽部」を提供してきたが、変化の時代に日系クライアント企業へのサポートを強化するため、智櫻会を設立した。

最新の人事情報や労務・法案例、日本の娯楽情報などに関する週2~3回の微信での情報配信、人事労務などに関する月1回の情報コンサルティングに加え、日系企業経営者インタビューや日本の経済情報などを盛り込んだ電子雑誌の配信、人事労務関係や異文化関係のホットな話題を提供する会員セミナー、業界を代表する企業へのインタビューなどを2カ月に1回実施している。さらに年に一度、日系企業人事および経営の現状を調査し、調査協力企業と成果を共有するとともに、新年会やフォーラムの開催など会員交流のための活動も年に3~4回実施していく。

 

リーダー力を育成

中智上海公司はまた、日本経済新聞グループの日経BP社と連携して、在中国日系企業の中堅幹部向け研修「課長塾 in 上海」も開催する。「課長塾」は日本で展開してきた研修サービスで、日本では16年1月末までに1460人が修了した。

リーダーとしての原理原則を学び、課題に取り組むことで、判断力・問題解決できる思考力の鍛錬、成果をあげるチームをつくる力の総合的な習得を図る。対象者は在中国日系企業の経営者や、日本人駐在員、日系企業で長く働いている中国人幹部など。最大35人の少人数制を採用、対話形式のワークショップで、リーダーに求められるロジックと感性の育成を目指す。講師は、国際ビジネスブレイン代表取締役社長の新将命氏と、IWNCの生田洋介氏。開催日は7月25~27日の9時30分~17時30分。会場は上海市南京西路399号のJW MARRIOTT。言語は日本語。参加費1万元(中智の企業会員は8000元)、昼食付。

Whenever BizCHINA, 2016年7月号, 人材育成・活用特集, 中智Whenever BizCHINA, 2016年7月号, 人材育成・活用特集, 中智

中智上海経済技術合作公司

住所: 上海市徐家匯虹桥路1号 港匯中心一座45F

TEL: 021-5459-4545x3430(新井、日本語可)、

    021-5459-4545x3436(馮、日本語・中国語可)

Web: www.ciicshjp-hrm.com

E-mail: info@ciicshjp-hrm.com

 



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス