中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us
特集

エイトレント – オフィスの健康と環境改善に/緑化空気清浄機


[ 2017-01-07 ]

オフィス用品などのレンタルを手掛けるエイトレントは9月から、壁面緑化機能を兼ね備えた空気清浄機ecoma(エコマ)を、レンタルのラインナップに加えた。空気清浄機の送風口にポット栽培の植物を組み込んだもので、LED照明による光合成もおこなう。発売前から口伝による問い合わせも入るなど、早くも反響が出ているようだ。

Whenever BizCHINA 2016年11月号, エイトレント, 空気清浄機, 緑化, オフィス, 上海, 中国

緑化空気清浄機ecoma。LED発光で光合成中

 

智能微森林

同社は日本の総合レンタルサービス業エイトレントの現地法人として、2004年5月に設立された。パソコンやコピー機などのIT機器をはじめ、オフィス用品やイベント用品を含めた広範な物品のレンタルを手がけている。08年には蘇州支店も開設している。

ecomaは植栽と空気清浄機能を合わせた“智能微森林”のコンセプトで、環境ビジネスを手がける深圳市鉄漢人居環境科技が開発した。1台あたりの植物搭載量は50株。内部には光触媒や紫外線照明、HEPA(※)などのフィルターを備え、さらにポット植物の土壌による吸着や植物の代謝能力も加えた計9段階の空気浄化で、ウイルスやPM2.5などの有害物質の除去と、清純な空気やマイナスイオンの室内への浸透を図る。空気浄化面積は30~50㎡。

給水と光の照射は毎日2回、設定した時間に自動でおこなうほか、機械本体のパネル操作で時間設定もできる。パネルには温度や湿度、PM2.5濃度なども表示される。

植栽は、若葉色が中心の「初林」、落ち着きある深い緑色が主体の「青林」、赤色の葉がアクセントを添える「層林」の3種類ある。植物は一株単位で有償交換できる。ポット植物の土壌は、サントリーの子会社サントリーミドリエが開発したウレタンベースの素材パフカルで、吸水性に優れ、泥などが出ない。パフカルは中国では、トヨタ自動車とサントリーミドリエの合弁会社トヨタサントリーミドリエ(上海)園芸が取り扱っている。

※  High Efficiency Particulate Air Filter、クリーンルームなどに使われる高性能フィルター

Whenever BizCHINA 2016年11月号, エイトレント, 空気清浄機, 緑化, オフィス, 上海, 中国

ポットの土壌にはサントリーミドリエが開発した新素材を使用している

 

植物と触れ合う楽しさも

エイトレントが同アイテムをレンタル用品に加えたのは9月だが、準備中の8月中にも問い合わせが3件入るなど、市場の関心は高いようだ。石垣達也董事・総経理は、「目立つ箇所には壁面緑化を施し、オフィスや役員室にはecomaを設置することで、コストを抑えながら効率的に社内緑化ができる。環境と従業員の健康に配慮している企業としてのイメージアップにもなる」と利点を語る。また、軽い世話が必要なので、植物と触れ合い気分転換できるのも魅力だ。同社では、メーカーからの調達台数ベースで5年以内に累計1000台の需要を見込んでいる。なお、同社によるレンタル以外に、メーカー自身による販売もおこなわれている。

 

上海八蓮総合物品租賃

住所: 上海市寧海東路200号申鑫大厦1905室

TEL: 021-6328-8883

Webサイト: www.eightrent.cn

 



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス