中国ビジネス情報誌 Whenever BizCHINAとWhenever Bizpressoから、お役立ち現地情報を発信中

※掲載内容は全て、誌面掲載時の情報です。

 
about_us

ビズマガ

トップニュース

広州松本技商貿易 自社製タングステン研磨機


[ 2015-04-13 ]

─中国国産廉価版、4月発売─

biz4-top

「タントギ」の中国国産モデル

メーカー商社マツモト産業の現地法人・広州松本技商貿易は、マツモトグループ製タングステン研磨機「タントギ」の中国国産モデルを発売する。まずは、4月末ごろ先行完成予定の約10台から予約注文を募っている。

マツモトグループには、溶接関連機器やFA機器、溶接材料などを販売するマツモト産業と、溶接関連装置・治具などの自社開発・製造をおこなっているマツモト機械がある。マツモト産業は2011年に広州松本技商貿易を、マツモト機械は12年に佛山松元機械を設立した。

タントギは、研磨テーブルをスライド式にすることでダイヤモンド・ディスクのほとんどの面を使用できるようにした。また、本体内蔵のゲージを利用して、最短20mmまで研磨可能。研磨角度は15度、30度、45度、60度、75度、90度、105度、120度から選択できる。研磨部の熱を拡散する独自の冷却方式により、研磨先端の磨耗防止・長寿命化を図っている。研磨ディスクは工具なしで交換でき、透明保護カバーにより研磨状況の確認もしやすくしている。

中国ではこれまで、日本から輸入したタントギを販売していたが、佛山松元機械によって中国で入手できる部品を中国調達に切り替え、国産化することで、コストを削減。また、電源電圧を220V化することで利便性の向上を図っている。




広州松本技商貿易蘇州分公司
蘇州市高新区玉山路99号鑽石広場2幢601-A室
www.matsumotocn.com
higuchi@matsumotocn.com



人民元
 その他、為替レートは、こちらより。

無料配送キャンペーン
やまびこ上海 ウェネバー人材 ウェネバートラベル
ウェネバーオンライン らくらくプレス